Back to Top
司法書士試験 2022 司法書士 過去問 解説付 不登法総論 Screenshot 0
司法書士試験 2022 司法書士 過去問 解説付 不登法総論 Screenshot 1
司法書士試験 2022 司法書士 過去問 解説付 不登法総論 Screenshot 2
司法書士試験 2022 司法書士 過去問 解説付 不登法総論 Screenshot 3

About 司法書士試験 2022 司法書士 過去問 解説付 不登法総論

【アプリ説明】
司法書士 試験に出題される知識をクイズ形式で挑戦しよう!
不登法総論 分野からの出題です。
合格に必要な重要問題を厳選しています。
知識の総チェック&弱点克服に最適です!
スキマ時間を有効活用した効率学習で合格を勝ち取ろう!
最新の法改正にも完全対応しています。
――――――――――――――――――――――――
司法書士とは

人々の財産と権利を守り、トラブルの法的解決を専門とする職種です。
法的な書類作成のスペシャリストで、法律相談を受けたり、コンサルタントのようなことを行うこともあります。司法書士になるには、国家試験である司法書士試験に合格するか、法務大臣の認可を受ける必要があります。


司法書士が担う役割

司法書士は、裁判所・検察局・法務局などに提出する書類の作成や、登記・供託の手続き、審査請求をするのが仕事です。中でも登記関係の仕事の割合が最も高く、起業時の会社の登記、土地購入の際の登記など、日常生活と密接に関わる役割を担います。業務を通して人々の権利を守り、平等な社会を実現することを目的としています。


具体的な仕事内容

司法書士法(訴訟や登記、供託などに関する手続きを円滑に進め、国民の権利の保護に貢献するため、司法書士の制度を取り決め、適正な業務を行うことを目的ととする)に基づいた仕事を行います。主な業務は下記のとおりです。

不動産登記、会社の登記・供託の手続き代理
裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成
簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理
法律相談、企業に関する法律事務を行う企業法務
成年後見事務、多重債務者の救済、消費者教育

代表的な業務としては、不動産売買や相続の際の不動産登記手続きや、会社設立時の商業登記手続きが挙げられます。

それ以外にも、簡易裁判で訴訟代理業務を行う裁判事務、成年後見業務、供託業務、帰化申請など、法律に関するさまざまな仕事を行っています。

同じ「書士」として行政書士という資格もあり、法律に関する書類を作成するという点では共通しています。

しかし、司法書士が主に裁判所や法務局に提出する書類を作成するのに対し、行政書士はその名の通り行政機関(国や都道府県、市町村など)に提出する書類を作成するため、業務内容は異なります。


司法書士になるには

司法書士となる資格
1.司法書士試験に合格した人
2.裁判所書記官や法務事務官などとしての経歴10年以上、または簡易裁判所判事副検事としての経歴5年以上で法務大臣の認可を受けた人


司法書士試験とは

5月に願書提出、筆記試験は7月に行われます。筆記試験の合格者はその後口述試験を受験することができます。口述試験は10月、合格発表は11月に行われます。

筆記試験の試験科目は憲法、民法、刑法、会社法、民事訴訟法、民事保全法、民事執行法、司法書士法、供託法、不動産登記法、商業登記法です。
口述試験の試験科目は不動産登記法、商業登記法、司法書士法となります。


法務大臣の認定を受けた司法書士とは

法務大臣の認定を受けた司法書士とは、認定司法書士と言い、通常の司法書士の業務に加え、簡易裁判所において価額が140万円を超えない請求事件の民事事件等の代理業務も行うことができます。これを簡裁訴訟代理等関係業務と言います。

簡裁訴訟代理等関係業務の内容は下記のとおりです。
(1)民事訴訟手続き
(2)訴え提起前の和解(即決和解)手続き
(3)支払督促手続き
(4)証拠保全手続き
(5)民事保全手続き
(6)民事調停手続き
(7)少額訴訟債権執行手続き及び裁判外の和解の各手続きについて代理する業務
(8)仲裁手続き及び筆界特定手続きの代理等


資格保持者が司法書士として働くためには

司法書士法第8条の規定により、司法書士の資格を持っている人が司法書士として働くためには、日本司法書士会連合会の司法書士名簿に、「氏名」「生年月日」「事務所の所在地」「所属する司法書士会」「その他法務省令」で定める事項の登録を受けなければなりません。
登録をする際は、事務所を設立しようとしている地域を管轄する法務局、または地方法務局の管轄区域内にある司法書士会を通じて、日本司法書士会連合会に登録申請書、資格を証明する書類を一緒に提出します。
またその際、会則第50条に則り、手数料25,000円を日本司法書士会連合会に納付します。


司法書士の就職先・活躍の場

取り扱える業務内容は増えている

司法書士の就職先として代表的なのは司法書士事務所で、経験とスキルを積んだ後には独立して自分の司法書士事務所を開業することもできます。

その他、一般企業に就職し、法務部などの法律関係を取り扱う部署でサラリーマンとして働く人や、弁護士事務所に勤める人もいます。

これまで事務手続きを専門にしてきた司法書士ですが、近年では制度改正によって債務整理や借金の過払い金請求といった法律業務も手掛けられるようになったため、活躍の場は拡がっています。

なお、司法書士の資格は国内のみで適用されるものであり、海外で仕事をする場合には、その国の資格を取得することが必要です。


司法書士の給料・年収

経験次第で高収入が期待できる
司法書士の国家試験は合格率が低いことで有名ですが、これは合格者が出過ぎないように調整がなされていることも一因としてあります。

そうして資格保有者の希少性を保っているゆえに、司法書士の給料は全体的に高水準であり、独立して成功することで非常に高額の収入を得ることも可能です。

しかし、経験が問われる仕事であるため、新人の給料は一般の会社員と大差なく、スキルを身につけることで段階的に収入がアップしていくケースが一般的であるようです。


司法書士の雇用形態・働き方

安定を取るか、高収入を狙うか
司法書士試験に合格しただけでは実務をこなせないため、新たに資格を取得した人はまず司法書士事務所や企業などで経験を積む必要があります。

その後は、引き続き司法書士事務所などで勤務し続ける人もいれば、独立して開業する人もおり、働き方はさまざまです。

独立したほうが仕事量は増え、こなさなければならない業務内容も多くなりますが、その分多くの収入を得ることができるでしょう。

事務所や企業に勤務しているほうがリスクは少ないという捉え方もできますので、どのような働き方を選択するかは個人の考え方次第です。


司法書士のやりがい、楽しさ

依頼者との距離が近い
書類作成などの実務作業を手掛ける司法書士は、依頼者と顔を合わせる機会が多く、人間関係が出来やすいという特徴があります。

相続関係など、数か月に及ぶ案件も少なくありませんので、無事に業務が完了した際には、「あなたに任せてよかった」「また次もお願いしたい」と声をかけてもらえることも多いようです。

また、求人数が多く、かつ独立しやすい資格であるために、結婚などのライフイベントに関わらず、長く仕事を続けられるというメリットもあります。


司法書士に向いている人・適性

地味な作業が苦にならない人
司法書士の「書士」とは「書類を作成する人」という意味であり、司法書士の仕事は、難解な書類と向き合う地道な作業の繰り返しです。

法律に照らし合わせながら、間違いのないように書類を作成しなければなりません。

失敗は許されませんので、地味な作業を集中力を持って続けられる、几帳面な性格の人が司法書士に向いているでしょう。

また、独立するならば、仕事を得るための営業活動や人脈も重要になってきますので、人とのコミュニケーションが得意である必要もあるでしょう。


司法書士の求人・就職状況・需要

需要に対して有資格者が少ない
司法書士は試験の難易度が非常に高いため、資格保有者数が限られており、全国で2万人程度しかいません。

このため求人は都市部を中心として数多くあり、司法書士事務所や一般企業の法務部門など、就職先の選択肢は多いでしょう。

また他の職種と比べて女性が活躍しやすい点も特徴として挙げられます。

司法書士の年齢構成がかなり高齢に寄っていることもあり、今後さらに需要と供給量の差が開いてくるかもしれません。


資格取得を目指す人は歓迎される

未経験者の採用に積極的な司法書士事務所は多数あり、就職先を見つけるのに苦労することは少ないでしょう。

司法書士事務所で働く事務職の人の中には、そもそも最初から資格取得の意思がないケースも珍しくなく、事務所によっては資格取得志望者を歓迎するところもあります。

またある程度の実務経験がある有資格者であれば、さらに求人は豊富にあり、出産や育児などを経てブランクがある女性などでも、比較的容易に復職できるでしょう。


司法書士の現状と将来性・今後の見通し

業務範囲も需要も拡大傾向

近年、司法書士法の改正を受け、法務大臣から認定を受けた「認定司法書士」という資格があれば、訴訟額140万円以下の簡易裁判所の事件に関しては、弁護士と同じ活動ができるようになりました。

法律関係の業務も取り扱えるようになるなど、司法書士の業務範囲は拡大しつつあります。

また、今後は社会全体で高齢化が進むにつれ、遺言や相続に関する業務や、成年後見業務の依頼が増えていくと予想されており、司法書士の需要はますます高まっていくでしょう。

Similar Apps

中小企業診断士 2023年 過去問 解説付き

中小企業診断士 2023年 過去問 解説付き

0.0

中小企業診断士試験対策の過去問題集アプリです。中小企業診断士試験の過去問アプリはこれ一つで網羅!本試験を忠実に再現した選択問題となっております。多忙なあなたでもスキマ時間を活用して効率よく学習できるように設計してあります。少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。【こんな人におススメ】・中小企業診断士資格試験を目指している人・士業を取得したい・早く合格を目指したい人・反復して学習したい・スキマ時間で合格したい人・通勤時間を利用して学習したい・要領よく勉強したい・スマホアプリで勉強したい人中小企業診断士の第1次試験の科目▼1日目:・経済学・経済政策・財務・会計・企業経営理論・運営管理(オペレーション・マネジメント)2日目:・経営法務・経営情報システム・中小企業経営・中小企業政策...

消防設備士 乙6 過去問 2023年 消防設備士乙種第6類

消防設備士 乙6 過去問 2023年 消防設備士乙種第6類

0.0

【消防設備士 乙種 第6類とは】消防設備士は、建物に設置された消防用設備等または特殊消防用設備等の工事、整備、点検を行う者のことで、乙種 第6類は、消火器の整備、点検を行うことができる国家資格です。【受験資格】乙種は、国籍、性別、職業、年齢などに関係なく、だれでも受験できます。 【受験手続】試験日程や受験案内など詳細は、消防試験研究センターのホームページでご確認下さい。【合格基準】筆記試験について:消防設備士 乙種 第6類の試験では、各科目ごとに問題数の40%以上で全問題数の60%以上、かつ、実技試験(鑑別等)において60%以上の正解で合格となるので、苦手分野をつくらないようにしましょう。【学習のポイント】①消防関係法令 (出題数:10問)消防関係法令のうち、各類共通部分と第6類に関する部分からあわせて問題が10問が出題されます。なお、他の類の甲種または乙種の消防設備士免状を有している場合は、「消防関係法令」のうち『各類共通部分』が、申請により免除されます。「防火対象物」「特定防火対象物」「複合用途防火対象物」「無窓階」「関係者」など、用語の定義はしっかり覚えましょう。また、免状の書き換え・再交付の申請先などの消防設備士の資格制度についての理解も必須です。第6類に関する部分では、消火器具の設置義務がある防火対象物や延べ面積、設置する消火設備の種類や消火器具の消火能力単位、消火器具の火災適応についてもよく理解する必要があります。②基礎的知識 (出題数:5問)機械に関する基礎知識として、力のモーメントについての計算やピタゴラスの定理(三平方の定理)を使った力の合成・分解についての理解が必要です。また、合金の成分、金属材料の性質(防食、荷重、応力など)のほか、ボイル・シャルルの法則やパスカルの原理についても学習しておきましょう。③構造・機能・整備 (出題数:15問)消火器の標識について、表示の種類や色、寸法について、しっかりと覚えましょう。また、消火器の種類とあわせてどのような火災に適応するのかについても理解しておく必要があります。さらに、消火器の構造や機能、消火薬剤や放射性能のほか、消火器の種類ごとの特性(操作方法等)についても理解しておきましょう。【一部免除の落とし穴?】受験する類以外の類の消防設備士資格を保有している人は、受験申込時の申請により、消防関係法令のうち「各類に共通する部分」が免除されます。また、保有資格によって基礎的知識(機械、電気等)も免除される場合もあります。ただし、この一部免除はメリットばかりとは言い切れないところがありますので注意が必要です。例えば、甲種または乙種第5類を保有していて乙種第6類を受験する場合で考えてみると、消防関係法令10問のうち「各類に共通する部分」の6問と、機械に関する基礎的知識の5問全問が免除されます。一見すると試験範囲が狭くなるので学習量を減らすことができて負担が減ると思いきや、消防関係法令は類別の4問しか出題されないので、40%以上の成績とするためには、2問以上正解しなければならず(逆の言い方をすると、2問しか間違えられない)余裕がなくなります。また、全体で60%以上の成績とするためにも、出題数が多い方が有利だと思いまので、あえて免除を適用しないほうが合格への近く道かもしれません...

賃貸不動産経営管理士 2023 過去問 解説付き 賃貸士

賃貸不動産経営管理士 2023 過去問 解説付き 賃貸士

0.0

賃貸不動産経営管理士試験の過去問アプリはこれ一つで網羅!賃貸不動産経営管理士になるためには、さまざまな科目を勉強することが必要です。従って勉強の”効率性”は非常に重要になっています。試験の攻略は過去問に始まり、過去問に終わるとも言われています。つまり合格の近道には、良質の過去問を繰り返し解くことが必要です。このアプリでは近年出題された過去問からの過去問題を数多く掲載しています。このアプリの問題を繰り返し解くことで合格を掴みましょう!【賃貸不動産経営管理士とは】人々の生活の基盤となる住居について、日本では全体の30%超が賃貸住宅であると言われています。この賃貸住宅を適正に維持・管理していくため、知識・技術・倫理観をもって対応するスペシャリストが「賃貸不動産経営管理士」です。1. 賃貸管理業務とは賃貸管理とは、貸主から依頼を受け、借主を募集し賃貸借契約を締結することから始まり、契約期間中の賃料収受や契約条件変更、また契約の更新や終了などの業務を行うことです。また集合住宅の場合には共用部分の維持保全も担当します。この賃貸管理には大別して管理受託方式とサブリース方式の2つの事業形態があります。【管理受託方式】管理受託方式において管理業者は、貸主と管理受託契約を締結し、その契約に基づき、賃料や敷金の受領、契約の更新事務、建物設備の点検・維持管理などを行います。この場合、貸主と直接賃貸借契約を結ばないというのが後述するサブリース方式と大きく異なる点です。【サブリース方式】サブリース方式において管理業者は、貸主から賃貸住宅を借り受け、つまり管理業者自身が転貸人となり、その賃貸住宅を第三者である転借主に転貸するとともにその物件の管理を行います。つまり、管理業者はその物件の貸主および借主というそれぞれの立場に応じた管理を行う必要があります。2. 賃貸管理の現状(時代背景)住宅の賃貸は古くからあるものでしたが、以前はいわゆる「大家業」と呼ばれるように免許を持たない賃貸人自らが物件の管理を行うことが一般的でした。しかし、時代の変遷とともに賃貸住宅は増え続け、この間に賃貸管理に関して順守すべき法律・ガイドラインも増え、賃貸管理を取り巻く状況も変容してきました。これに呼応するかのように物件のオーナから賃貸住宅の管理を一括して受託する事業者が台頭し、賃貸管理を依頼するケースが増えてきました。賃貸住宅経営の80%以上は個人経営で賃貸住宅のオーナの高齢化も進んでいることも、物件オーナによる自主管理が難しくなっている一因です。不動産に関する法律は、1952年に「宅地建物取引業法」による不動産の取引の健全化、そして2000年に「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」による分譲のマンションの管理の適正化、といった法整備がされてきましたが、賃貸不動産の管理については、その後も特別な法規制やルールなどが存在しない状態でした。法整備がなされていないために中には不良業者も存在し、家賃保証を謳うサブリース業者と家主のトラブルや非登録サブリース業者の破産事例など、大きな社会的問題に発展することもありました(少し前に大々的に報道されたシェアハウス投資問題などが記憶に新しいところです)。また、賃貸管理の現場では敷金の返還や契約更新などのトラブルが年々増加している状況があったのです。3. 登録制度こうした流れを受け、国土交通省は2011年(平成23年)12月に貸主や借主の利益保護を図る目的で「賃貸住宅管理業者登録制度」を創設し、賃貸住宅管理を行う事業者に登録を促すと同時に、登録者に対して一定のルールのもとで適切な賃貸管理業務を行うことを義務付けました(開始当初は任意登録)。この制度の中で、賃貸住宅管理にかかわる様々な法令に関する深い知識や、業務に関する豊かな経験を持つ者として、業界団体である一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会の「賃貸不動産経営管理士」が規定されました。賃貸住宅管理業者登録制度は、賃貸住宅管理業務に関して一定のルールを設けることで、借主と貸主の利益保護を図るだけでなく、登録事業者を公表することにより、借主たる消費者は管理業者や物件選択の判断材料として活用することが可能となります。したがって、この登録制度によって、賃貸住宅管理におけるトラブルが回避され、不適切な業者が淘汰され、賃貸住宅管理業の健全な発展に寄与することが期待されています。※一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会は、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会、公益社団法人全日本不動産協会を構成団体としています。4. 賃貸不動産経営管理士の役割ここまでに述べた時代背景の中で賃貸住宅管理業者登録制度の要となる賃貸不動産経営管理士の役割が重要となります。すなわち、アパートや賃貸マンションなど賃貸物件を管理するプロフェッショナルである賃貸不動産経営管理士は、単なる賃貸不動産管理の実務だけでなく、借主に対しては安心・安全・快適な住環境を提供し、また貸主に対しては不動産価値の維持・向上へ的確なコンサルティングを行うことが求められています。2016年(平成28年)9月には登録制度が改正され、登録業者に対して以下が義務付けられました。事務所ごとの1名以上の賃貸不動産経営管理士等設置貸主に対する賃貸不動産経営管理士等による重要事項説明重要事項説明時の管理士証の提示等貸主に対する契約書面交付について賃貸不動産経営管理士等の記名押印この改正により宅地建物取引士と同じように独占業務のようなものが与えられ、賃貸不動産経営管理士等の国家資格化が期待されるようになりました。賃貸不動産経営管理士への社会的要請は着実に高まってきています。さらに、最近始まった住宅宿泊事業、いわゆる民泊サービスにおいても賃貸不動産経営管理士が注目されています。住宅宿泊事業と賃貸管理業では業態が異なりますが、オーナの物件を他人に貸し出すことは同じなので、賃貸不動産経営管理士が有する賃貸管理や諸法令の専門的な知見の活用が期待されているからです。実際に住宅宿泊事業法では、一定規模以上の住宅宿泊事業者には住宅宿泊管理業者への住宅宿泊管理業務の委託が義務付けられており、この住宅宿泊管理業務を賃貸住宅管理業者が行うことが想定されています。5. 今注目されている理由これまでに述べた賃貸住宅管理業者登録制度はあくまでも任意登録制度に過ぎなかったのですが、賃貸管理業務にまつわる諸々の問題への対処として、2018年(平成30年)10月に「今後の賃貸住宅管理業のあり方に関する提言」がまとめられ、その中で今後の取組として「法制化に向けた検討を進めるべき」といった文言が記載されました。そして、2020年3月の閣議決定を経て、ついに2020年6月12日国会で「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が可決成立し、正式な法律として施行されることになっています。この法律によって、賃貸住宅管理業を営むには登録が必須となり、その中で必置義務・独占業務が与えられている賃貸不動産経営管理士が国家資格化される可能性が非常に高いと言えます。※施行当初は経過措置のため「業務管理者」として●年以上の業務経験者や宅建士も認められる予定です。また国家資格化を睨み、2020年の賃貸不動産経営管理士試験は、これまでの90分40問の試験から、宅地建物取引士試験、管理業務主任者試験およびマンション管理士試験と同様の120分50問の形式となります。試験の難易度そのものは、昨年までの状態から急激に変化する可能性は少ないと思いますが、徐々に難化することも予想されています。国家資格となる直前の今こそ、資格取得の絶好チャンスなのではないかと考えます。6. まとめ賃貸不動産経営管理士は、国民生活の基盤となる賃貸住宅を取り巻く環境の継続的改善に欠かせない重要な役割です。そして、近々国家資格化の可能性も高く、新しい士業として認知されていくのは間違いありません。一度取得した資格は一生ものです!今こそ賃貸不動産経営管理士の資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。...

交通誘導警備業務検定2級 2023 過去問 交通誘導2級

交通誘導警備業務検定2級 2023 過去問 交通誘導2級

0.0

このアプリは交通誘導警備業務2級の検定合格を目指す学習アプリです。問題数は約1000問収録されています。苦手問題を重点的に行えるほか、反復学習で徹底的に演習を行うことができます。また、カテゴリー別演習問題では「基本的事項」「関係法令」「車両等誘導」「応急処置」等、分類されていて、苦手なカテゴリーを集中的にトレーニングを行えます。交通誘導警備業務検定2級の過去問題や参考書のお供としてご利用ください。...

ビル管理試験 2023 建築物環境衛生管理技術者 過去問

ビル管理試験 2023 建築物環境衛生管理技術者 過去問

0.0

ビル管理士 建築物環境衛生管理技術者の試験対策アプリです。過去問題を実戦形式で解くことができ、解答後すぐに解説が表示されるので苦手分野も克服できます。忙しいあなたにも、スキマ時間で学習が出来るようになっていますので、効率よく学習することができます。少しでも受験者様のお役に立てれば幸いです。建築物環境衛生管理技術者(けんちくぶつかんきょうえいせいかんりぎじゅつしゃ)とは、建築物の環境衛生の維持管理の監督を行う国家資格です。通称ビル管理技術者です。建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に基づいて、特定建築物において選任義務があります。また、資格の保有者は同法に基づく登録事業者の人的要件となることもできます。厚生労働大臣の指定を受けた日本建築衛生管理教育センターが行う建築物環境衛生管理技術者登録講習会を受けた者、または、建築物環境衛生管理技術者国家試験に合格した者に対し免状が交付されます。...

建築施工管理技士 1級 2022年 過去問 解説付き

建築施工管理技士 1級 2022年 過去問 解説付き

0.0

建築施工管理技士1級 試験対策 2022年試験向けに新規リリースいたしました。当アプリは全問題が最新の出題傾向等に完全対応しております。詳細な解答解説付き。【1級建築施工管理技士の合格の秘訣】建築施工管理技士1級の攻略は過去問に始まり、過去問に終わるとも言われています。つまり合格の近道には、良質の過去問を繰り返し解くことが必要です。このアプリでは近年出題された過去問を解説付きで多数掲載しています。――――――――――――――――――――――――【こんな人におススメ】・建築施工管理技士1級 資格試験を目指している人・一級建築施工管理技士を取得したい・早く合格を目指したい人・反復して学習したい・スキマ時間で合格したい人・通勤時間を利用して学習したい・要領よく勉強したい・スマホアプリで勉強したい人――――――――――――――――――――――――【1級建築施工管理技士とは】施工管理技士国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。国家試験は年1回実施される(実施は一般財団法人建設業振興基金)。それぞれの一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、小規模工事を扱う。...